cookpad studio ユーザー向けヘルプ

cookpad studio についてよくある質問をまとめています。

動画編集TIPS集

1分動画を上手に撮影&編集するコツ

◇ 切るシーン、混ぜるシーン、炒めるシーンは短く

全ての作業を見せる必要はありません。あれもこれもと盛り込むと逆にダラダラとした動画に見える場合もあるので、省ける部分はカットして短く編集するようにしましょう。また、必要なシーンのみを撮影することで、撮影時間の短縮にも繋がります。

・作業の頭と終わりを見せる

例えば、切るシーンや混ぜるシーン、炒めるシーンなど。初めと終わりだけを撮影すれば伝わります。途中の工程を入れたい場合は初め▶途中▶最後とテンポよく編集し長すぎないように編集しましょう。

f:id:cookpad-studio:20190204155034g:plain

・作業の撮影はせず、テロップだけで表現する

野菜などを切るシーンなどは切る工程の撮影自体を省くことで撮影時間・編集時間を短縮できます。テロップだけで十分伝わる作業は、省略が可能です。レシピ全体で作業工程が多いときや、動画が1分に収まらないときに使えます。

例)野菜を切るシーン、水切りのシーン(テロップ:水切りする)、茹でるシーン(テロップ:茹でた◯◯) 

f:id:cookpad-studio:20190204160857g:plain

・同じ作業を繰り返す場合は、1回分だけ撮影する

反復作業(同じ作業を何度も繰り返す)シーンは1回だけ撮影し、全ての作業が終わった状態で再度全体を撮影するとすっきりと見やすい動画になります。

例)餃子を包む、唐揚げをに衣をつけて揚げる、クッキーで型を取るなど

f:id:cookpad-studio:20190204164035g:plain 

◇ 被写体を持って次のシーンに移動する場合はシーンとシーンのつなぎ目を意識する

まるで1つのテーブルで作業しているかのように見せる小技です。ボウルで生地を混ぜて、型に移すなど、撮影は2回に分かれているが、作業が連続しているシーンなどに使えます。
下の動画を例にとると、以下のようになります。
1.ボウルを持ち上げ右にスライドさせるシーンを撮影
2.左からボウルを登場させ流し込むシーンを撮影

f:id:cookpad-studio:20190204160500g:plain

◇オーブンや電子レンジを使う場合は、何も置かない空のシーンを撮影する

情報を表示するために、机を空にした状態で数秒撮影します

   f:id:cookpad-studio:20190204163741p:plain

◇表紙のシーンは4秒撮影するとわかりやすく、収まりも良い

表紙付きの1分動画の多くは、文字の情報と完成品を理解するために4秒分の表紙のシーンが用意されています。

 
written by Cookpad Inc.